妻が浮気する日を突き止める方法

探偵事務所・興信所比較ガイドトップ画像

探偵料金を安くする > 浮気調査料金を安くする > 妻が浮気する日を突き止める方法

妻が浮気する日を突き止める方法


「妻が浮気している可能性があるが、いつ浮気しているのか分からない」

そんなとき、簡単に浮気する日の見当をつける方法があります。

実は、夫のいる女性(妻)は、妊娠可能性が高まるほど、夫以外の男性と性行為する頻度が高くなることが、多くの研究によって示されています。

さらに、夫がいる女性(妻)は、排卵期になると夫以外の男性と性交渉について想像することが多くなることが研究でも示されています。

※排卵期と浮気に関する研究論文
・Changes ib women's sexual interests and their partners' mate-retention tactics across the menstrual cycle.
・The influence of women's mating strategies on preference for mascline facial architiecture.
ほか

ちなみに、この傾向は結婚していない女性には見られませんでした。
つまり、結婚している女性(妻)だけが、排卵期に男性的な男性に魅力を感じ、浮気をしたくなる可能性があります。

また、夫のいる女性(妻)は、排卵期には男性から選択されやすくなるように魅力が増すことや、無意識に男性に魅力的にみられるような行動を増加させることもわかってきました。


排卵期に結婚している女性(妻)が浮気したくなる理由

一般的に、排卵期になると女性ホルモンが減退し、男性ホルモンが活発化します。
この男性ホルモンが性欲を高める働きをしていると言われています。

ただし、結婚していない女性に対して、そのようなあまり傾向が見られない点は、まだ解明されていません。


妻の排卵期(浮気をしやすい日)を見極める方法

これまでの説明で、夫がいる妻は排卵期に浮気しやすいことがわかりました。
下の表は、女性の生理周期のサイクルを示しています。

女性の生理周期サイクル
サイクル 詳細
生理期 排卵した卵子と精子が結合し受精卵となり、子宮内膜に着床すれば妊娠成立します。
妊娠しなかったときは、黄体ホルモン・卵胞ホルモンともに分泌が減少し、
いらなくなった子宮内膜がはがれ落ち、血液といっしょに体外へ排出されます。
卵胞期 卵巣にある原始卵胞のひとつが発育しはじめます。
卵胞が発育するにつれ卵胞ホルモンが分泌され、子宮内膜が少しずつ厚くなります。
排卵期 卵胞ホルモンの分泌がピークに達すると、黄体化ホルモンが分泌され、
卵胞から卵子が飛び出す
黄体期 卵子が飛び出したあとの卵胞が黄体という組織になり、黄体ホルモンが分泌
されます。受精卵が着床する準備として、子宮内膜はやわらかくなります。

とはいえ、女性本人も自分の排卵期がよく分からないことが多く、まして夫が妻の排卵期を知ることは通常不可能です。

ただし、「排卵期には性欲が高まる」ことを逆手にとって妻の排卵期(=浮気をしやすい時期)を見極める方法があります。

夫のいる女性(妻)は、妊娠可能性が高まる排卵期には、男性から選択されやすくなるように自然に露出度が高くなる服を選んだり、普段よりもセクシーに見える傾向にあります。

そのため、

こんな場合は、より強く浮気を疑った方が良いでしょう。



浮気調査関連記事




探偵料金が安くなる頼み方
低料金で依頼する簡単な方法↑

大手有名探偵事務所の比較


大手有名探偵事務所


探偵料金一括見積サイト


探偵に調査を依頼する前に


浮気調査料金を安くする


行方不明者の捜索


地域別探偵事務所


探偵事務所の評判・口コミ



Copy Right 探偵事務所・興信所の調査料金を安くする方法 運営者情報