捜索願届け出後に行方不明者(失踪者)が死亡で発見される(見つかる)確率

探偵事務所・興信所比較ガイドトップ画像

探偵料金を安くする > 人探し > 行方不明者(失踪者)が死亡で発見される(見つかる)確率

行方不明者(失踪者)が死亡で発見される(見つかる)確率

下の表は、2019年6月に警察庁が発表した行方不明者の発見状況です。

84753件の行方不明者届に対する発見状況
捜索願の届け出からの経過日数 1日~7日 8日~1か月 1か月~1年
所在確認 58199人 5139人 6115人
死亡確認 2531人 534人 489人
その他 1266人 428人 2685人
総数 61996人 6100人 9289人

※表中の語句説明
所在確認:警察や保護者や探偵などが発見した者(自力帰宅含む)
死亡確認:所在確認時に死亡した者
その他:行方不明者届の解消など

この表について、捜索願の届け出から

で、行方不明者の死亡確率・発見確率にどのような傾向がみられるのか調べました。


行方不明者(失踪者)の発見確率が高いのは捜索初期

下の表は、捜索初期・中期・末期別の行方不明者の発見数・発見確率です。

捜索期間別 出行方不明者(失踪者)の発見数と発見確率
捜索初期段階
(1日~7日)
捜索中期段階
(8日~1か月)
捜索末期段階
(1か月~1年)
発見数(死亡・その他除く) 58199人 5139人 6115人
発見確率 93.7% 84.2% 65.8%

表から、捜索初期段階(1日~7日)での発見確率が一番高く、90%以上であることがわかります。


行方不明者(失踪者)の死亡確率が高いのは捜索中期と末期

下の表は、捜索初期・中期・末期別の行方不明者の死亡確率です。

捜索期間別 行方不明者(失踪者)の死亡確率
捜索初期段階
(1日~7日)
捜索中期段階
(8日~1か月)
捜索末期段階
(1か月~1年)
死亡者数 2531人 534人 489人
発見時死亡確率 4.1% 8.8% 5.3%

表から、行方不明者の捜索は、初期段階での発見が一番死亡率が低く、中期・末期では死亡率が高くなることがわかります。


結論

これらのことから、行方不明者の捜索は捜索初期段階での発見が、死亡確率を低く抑えることができ、かつ、発見できる確率が高くなっていることが分かります。

一方、中期・末期になると行方不明者の発見確率は低くなり、死亡確率が高くなることがわかります。

特に、自殺目的での家出人の調査は、時間との戦いです。
一刻も早く行動することが、行方不明者の命を守ることにつながります。


行方不明者の捜索で頼れる探偵事務所


原一探偵事務所

原一探偵事務所土日も含めて即日対応可能で、行方不明者の死亡リスクを減らせます
・自殺志願者の発見実績多数
・40年以上培ってきた独自の調査ノウハウを保有
・全国に独自のネットワークを築き、対象者がどこに住んでいても発見可能
・行方不明者が今後家出しないためのカウンセリングがあります
・相談・見積もりは無料です



詳細は原一探偵事務所の公式サイトでチェックしてください。


行方不明者の捜索(人探し)関連記事



探偵料金が安くなる頼み方
低料金で依頼する簡単な方法↑

大手有名探偵事務所の比較


評判の高い探偵事務所


探偵料金一括見積サイト


探偵に調査を依頼する前に


浮気調査料金を安くする


行方不明者の捜索


地域別探偵事務所


探偵事務所の評判・口コミ



Copy Right 探偵事務所・興信所の調査料金を安くする方法 
当サイトについて | 運営者情報 | 口コミガイドライン