警察に行方不明者届(旧捜索願)を出す際の注意点

探偵事務所・興信所比較ガイドトップ画像

探偵料金を安くする > 人探し > 警察に行方不明者届(旧捜索願)を出す際の注意点

警察に行方不明者届(旧捜索願)を出す際の注意点

2010年4月1日から「行方不明者発見活動に関する規則」が施行され、

に変更されました。

警察に行方不明者届を提出する際、出し方を誤ると警察の協力を得られない場合がありますので、注意点を紹介します。

この記事のもくじ
  1. 警察への行方不明者届の提出で準備するもの
  2. 警察に行方不明者届を出せる人
  3. 警察の行方不明者届の受理方法は2種類
  4. 行方不明者届を受けた警察の捜索方法
  5. 警察に最大限協力してもらうには

1.警察への行方不明者届の提出で準備するもの

行方不明者に関する以下の情報(物)を準備して警察に行きます。

なお、行方不明者届の提出にお金は必要ありません。
また、行方不明者の捜索についても、警察・自衛隊など国が捜索する限り無料です。

※山で行方不明になり、民間の救助隊にも頼らざるを得ないなど、警察以外の外部機関の協力が必要な場合は有料です


2.警察に行方不明者届を出せる人

警察に行方不明者届を出せるのは、

です。行方不明者の親族ではなくても、密接に関わっていれば、行方不明者届を出せます。


3.警察の行方不明者届の受理方法は2種類

行方不明者届を受けつけた警察は、一般行方不明者か特異行方不明者のどちらかに分類します。

特異行方不明者の対象は「事故・事件性や命の危険がある者」で、
一般行方不明者の対象は「特異行方不明者以外」です。

詳しくはこちらです→特異行方不明者と一般行方不明者の違い


4.行方不明者届を受けた警察の捜索方法

一般行方不明者か特異行方不明者で大きく異なります。

一般行方不明者が「警察庁情報管理システムへの照会を活用する」程度なのに対し、
特異行方不明者は、人命に危険が及んでいる可能性があるため、より積極的な捜索活動を行います。

特異行方不明者の捜索は、行方不明者に状況により異なります。
特に事件性のある特異行方不明者の場合は、以下のように警察が入念に調査します。


5.警察に最大限協力してもらうには

まずは行方不明者届を「特異行方不明者」として受理してもらうことです。

一般行方不明者よりは、特異行方不明者として受理された方が、発見されやすくなることは間違いありません。

ただし、全ての行方不明者を特異行方不明者として受理してくれるわけではありません。

そのため、単に行方不明者届を出すのではなく、命の危険性を訴え、警察に特異行方不明者と判断してもらうことで、行方不明者の発見可能性を高めます。

ただ、警察が特異行方不明者として受理してくれるかどうか不安な場合、原一探偵事務所に相談することをおすすめします。

人探しで多くの実績がある原一探偵事務所では、特異行方不明者として扱ってもらいやすくなるような行方不明者届の出し方をアドバイスしています。

しかも、土日も含めて即日対応してくれるため、行方不明者が見つかりやすい初期段階の貴重な時間を無駄にすることがありません。


行方不明者の捜索で頼れる探偵事務所


原一探偵事務所

原一探偵事務所・特異行方不明者として扱ってもらいやすくなるようにアドバイス
・40年以上培ってきた調査ノウハウがあります
・全国に独自のネットワークを築き、対象者がどこに住んでいても発見可能
・土日も含めて即日対応可能で、行方不明者の死亡リスクを減らせます
・行方不明者が今後家出しないためのカウンセリングがあります
・相談・見積もりは無料です



詳細は原一探偵事務所の公式サイトでチェックしてください。


行方不明者の捜索(人探し)関連記事



探偵料金が安くなる頼み方
低料金で依頼する簡単な方法↑

大手有名探偵事務所の比較


大手有名探偵事務所


探偵料金一括見積サイト


探偵に調査を依頼する前に


浮気調査料金を安くする


行方不明者の捜索


地域別探偵事務所


探偵事務所の評判・口コミ



Copy Right 探偵事務所・興信所の調査料金を安くする方法 運営者情報